fbpx

根管治療こんかんちりょう

根管治療ってご存知ですか?

これは、虫歯で大きく穴があいた歯で、神経を取らないといけない時や、一度治療はしたものの、根っこの先に膿みの袋ができて、もう一度治療をしないといけない時に行う処置のことなんです。

ただ、歯の中の管、すなわち根管というものは大変小さく狭い所で、肉眼ではなかなか見にくい所なのです。

そこで、我々はマイクロスコープという、手術用実体顕微鏡を用いてこの処置に取り組んでいます。

また、この処置をできるかぎり無菌的に行うために、場合によってはラバーダム防湿ということも行っております。これは、ゴムの薄いシートを金属製の留め具みたいなもので歯に治療の時だけに装着することです。少し違和感がありますが、これを装着することでお口の中のいろいろな細菌や、唾液が根管に侵入するのを防ぎまた、治療に用いる器具がお口の中に落下するのを防いだり、根管の中を洗浄する時に使用する薬剤等がお口の中に漏れ出さないようにもします。

根管治療は、おロを開けて頂く時間も長く大変ですが、歯科治療のなかでも非常に重要な処置の内の一つです。私達も努力して少しでも短い時間で、安全で且つ予後の良い治療を心がけておりますので、どうか安心して受診して下さいませ。